50代で介護パート始めるのは難しい?いえ、『50代で挑戦される方は沢山おられます』

「結婚し、子育ても終わり、手に職を付けた仕事がしたい」、そう考えた時に介護の仕事を始める人が多いです。そう感じる方は40代~50代でしょう。

一般企業に就職する事は50代からの挑戦は厳しいです。しかし、介護の業界は50代から始める人も大勢います。なぜか?50代から始めても、自分にとってメリットが沢山あるからです。

50代の方も挑戦できる理由とは?

50代の方も挑戦できる理由とは?
まず50代になると、資格を取る際、座学を受ける事が大変です。若い時よりも物覚えが悪くなります。しかし、介護の勉強は実践と一緒に覚える事が多く、頭に入りやすいです。

そして、調理や掃除、排泄介助やオムツ交換等今まで家事、育児でやってきた事の応用が沢山あるので、難しく考える事なく覚える事が出来るでしょう。

資格を取得した後も、50代の方は自分の親であったり、配偶者であったり、介護を必要とする人が身近にいると思います。その時にとても役に立つと思います。実際親の介護を始めてみると、わからない事が多くて初任者研修を受けたという方もおりました。

50代の方も資格取得の為、たくさん受験されてます

50代の方も資格取得の為、たくさん受験されてます
介護福祉士の試験会場、ケアマネージャーの試験会場は50代の方も沢山受験しています。皆さん「初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャー」と受験し、勉強してきたかと思うと頭が下がります。

年齢的にもコミュニケーションが取り易い

年齢的にもコミュニケーションが取り易い
仕事を始めてからのメリットとして、高齢者介護であれば70代後半から90代前半の人が利用者として大半を占めています。50代の方の丁度親の年齢か、その少し上でしょうか。

利用者は「自分の娘に介護してもらっているみたいだ」と大変喜ばれます。また、自分も親の年齢の人との関わり方を理解しているので無理せずコミュニケーションが築けるでしょう。その当時の流行歌や遊び、当時あった出来事等も知っている事が多く、利用者との信頼関係を築く要素になると思います。

こういった事は20代や30代の職員には出来ず、利用者にとって若い職員は「孫の様な存在」にしかなりません。悩みや不安は孫よりも娘の様な存在の職員に話してくれるでしょう

その様な利用者にとって「頼りになる娘の様な職員」を誇りに思い、50代の方は仕事を続けてほしいです。勿論、男性の方も「自分の息子の様な存在」として利用者の中では人気者になれると思いますよ。

関連記事:40代、50代で介護職パートを始めようかお悩みの方へ

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。