40~50代女性にとって介護パートの本当の魅力とは

世の中にパートはたくさんありますが、その中であえて介護職を選ぶ時、一体どのような魅力があるでしょうか。資格が思ったより早く取れそう(初任者研修)、資格なしでも働けて仕事しながら取得できる(そのような職場も多くあります)、今後の需要が多そう(高齢化社会)などありますが、実際に働いてみて本当の魅力は全く別のところにありました。

家事育児経験が最大の兵器になる

家事育児経験が最大の兵器になる
40−50代女性で、介護職にパートで出ようという方の場合は、まずほとんど家庭がある、子育て中という環境が多く、一人暮らしという方はあまり多くはありません。またそれまで他職種でパートをしていた方ということもありますが、専業主婦だったという方も多いようです。このようにほとんどの場合、好き嫌いに関わらず家事育児経験がある程度あります。これが介護職にとっての最大の武器になります。

家事育児経験は、人を大きく成長させます。家事は慣れの部分も多く、家電の使い方や節約法などを知っているのは大きなメリットです。さらに育児経験は、他人の食事や排泄について世話をした経験があるということです。その経験が、介護職ほど活かせる場所はありません。

また40−50代にもなれば、様々な人間関係を経験しています。独身時代の職場や結婚後の親戚付き合い、町内会や保護者仲間との関係などで、精神が鍛えられています。この強いメンタルこそ介護職に最も必要なものでしょう。

頼りにされ自信が増す仕事

頼りにされ自信が増す仕事
介護職のパートに出ると経験済みの内容が出てきます。汚物処理などが特に顕著です。そのような時に笑顔で手早く仕事をこなす介護職員は、正職員、パート関係なく、利用者さんにも仕事仲間にも頼りにされます。またこのような経験が自分自身の自信を深めます。

介護職の場合、相手は人間であり、個性によっては苦手な人も出てきます。けれども利用者さん一人一人と暖かい関係性を持ちつつ、スキルを高め、自信を増す事ができる仕事はそうそうありません。

特に自分の身内に介護が必要な人が出た時に、この自信と経験は最大に発揮されます。介護が必要になった方について冷静に判断しつつ、経験に基づいたベストな助言を行えます。

ひとの人生に深く関わり、自分自身の能力を高め、自信を深めることができ、いざという時に頼りになるスキルを持つ事ができる、それこそが40~50代の方が介護を仕事とする時に得られるものだと感じます。

関連記事:介護パート始めるのに初任者研修がある強みとは?

この記事を書いた人

ようこ
ようこ
50代前半で4人の子供を育てる母です。医療事務7年以上、訪問介護4年以上の経験があります。好きな事はカフェでの読書。経験から得た知識をより多くアウトプットできればと考えています。

ようこ

50代前半で4人の子供を育てる母です。医療事務7年以上、訪問介護4年以上の経験があります。好きな事はカフェでの読書。経験から得た知識をより多くアウトプットできればと考えています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。