40代で介護パート始めるのは難しい?『むしろ歓迎される人材』である理由とは?

女性は結婚し、出産、子育てを経てまた働きに出る人が多いと思います。結婚前は事務職等に就いていて「資格も何もない」、そういった方が介護の仕事を始めるケースも少なくないでしょう。

子供がある程度大きくなった40代の再就職は世間から見れば難しいと思います。しかし、介護の就職は比較的歓迎される事が多いです。

子育て経験が生かせる

子育て経験が生かせる
まずは、子育てを経験しているので、子供のオムツ交換や食事の介助、生きる事に必要な介助は経験しています。病気の看病、怪我の応急処置も行っているでしょう。介護は高齢者相手が多いので少し勝手が違いますが、基本的な事は子供で経験してきているので、資格を取る時、実践を学ぶ時もスムーズに覚える事が出来るでしょう

10代、20代の若い子や、男性は経験がないので、対人間の介助は「怖い」と話す人が多いです。その様な感覚はなく介助が出来ると思います。

シフト制、夜勤業務も積極的できる

シフト制、夜勤業務も積極的できる
次に子供に手がかからなくなった事で、40代の人はシフト制、夜勤業務も積極的に入る事が出来るので、企業側からは歓迎されます。家庭がある、子供が小さい20代、30代は子供の病気や学校行事で休みが多くなる、子供の保育園や学校の時間に合わせて働いているので、早番、遅番、夜勤が出来ないという人が多いです。

私も実際シフトを作っていた事がありますが、小さな子供のいる人はシフトを組む際、とても大変でした。そして、土日の行事関係で休みが多くなり、他の職員から不満が出た事もありました。

40代はむしろ歓迎される人材

40代はむしろ歓迎される人材
40代から介護を始めて働く事が出来るか不安がある方、むしろ歓迎される人材です。介護の仕事は20代~60代まで職員の年齢層も幅広い為、人間関係を築く事も大変かもしれませんが、40代の方はどちらの世代とも上手くやっていける中間層だと思います。

夜勤や変則勤務で体がついていくか不安だと思っている方、まずは挑戦してみてはいかがでしょうか?私の知り合いの介護職員は40代、50代で夜勤をしている人ばかりです。仕事はきっちり勤め、休日はきっちり休む方が、規則正しく健康的に生きる秘訣だと思います。迷っている40代には是非介護の仕事に就いてほしいです。

関連記事:40代、50代で介護職パートを始めようかお悩みの方へ

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。