認知症の利用者さんが少ない事業所って?

介護の仕事の中で認知症患っている方の介護を苦手とする方もいると思います。

認知症はとても難しい病気です。介護職経験のない方、少ない方は特に悩む事が多いでしょう。

認知症の方が少ない職場はあります。もちろん認知症の方が多い職場もあります。

今回は、認知症の方が少ない職場、認知症の方が多い職場を紹介します。

リハビリ特化型デイサービス

リハビリ特化型デイサービス
まず、デイサービスでもリハビリ特化型デイサービスです。

ここは、大体が午前の部、午後の部と2部構成になっており、介護予防の運動や体操、リハビリを行う事業所です。

動ける人が多く、要介護の方もいますが、要支援の方を対象としています。(介護報酬の関係上要支援の人を受け入れた方が儲かるみたいです)

ですので、「かなりしっかりされている方だな」という印象を受けると思います。

職種も機能訓練員や看護師の他に介護士も働いています。

有料老人ホーム

有料老人ホーム
次に有料老人ホームです。こちらも入居の条件によりますが、比較的介護度の軽い方を対象とした有料老人ホームもあります。

ホテルの様な外観、内装の老人ホームもあり、そのようなところに入居される方はプライドの高い方が多いです。

しっかりされているので、職員の言葉遣いや対応にもクレームが入る事があります。

接客対応等に自信のある方はお勧めです。

その他

その他
その他に、病院の看護助手も病院が総合病院や整形外科等であれば、認知症の方もそれほど多くないと思います。

逆に認知症の方が多い事業所って?

逆に認知症の方が多い事業所って?
次に認知症の方が多い事業所として、グループホームは認知症の方が共同生活を送るところです。小規模デイサービスや小規模多機能事業所も少人数で行う事業所で、認知症の方が多いです。

施設系で、特別養護老人ホームは国が要介護3以上との制限を設けた事もあり、より認知症や、身体介護の必要な人が増えました。

認知症の方の介護に不安のある方は、これらの事業所以外で求人を探してみてはいかがでしょうか。

自分の働きやすい職場を探す事も、仕事が長続きする秘訣だと思います。無理のない職場で介護の実務経験を積んでいきましょう。

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。