未経験で介護パートを始める方!知っておきたい「3つのコト」とは?

未経験でパートで働くと決めた場合、事前に知っておくべきことがあります。介護職は、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を終了しているひととしていないひととで、できることが違ってきます。

端的にいうと、訪問介護ができるか、できないかです。施設なら資格なしでも働けますのでお間違えないよう。

この研修は働きながらでも受講できますし、今後のキャリアアップを考えているなら必要になってきます。研修費用を会社で負担してくれるところもありますので探してみると良いでしょう。もちろん事前に、受講できるならしておいた方が良いでしょう。事前準備はこれくらいです。

介護職をやるにあたって注意すべき3つのコト

さて、今回は、介護職をやるにあたって注意すべき点を3つお教えしたいと思います。

1:研修(引き継ぎ)は本番だと思って

1:研修(引き継ぎ)は本番だと思って
まず会社に入ったら、すぐ引き継ぎするはずです。(現場にいきなり、ひとりで対応しろと出されるような会社もたまにあるので、そういう会社は辞めた方が無難です)

ただし、あなたひとりにそんなに時間はさけません。言われたことはメモをとり、なるべく早く覚えられるよう工夫しましょう。施設でしたら教えてくれる人は常にいるはずなので、その分は気楽かもしれませんね。

2:聞き上手になろう

2:聞き上手になろう
介護職は、利用者さんとの会話が大事です。かと言って自分のことを喋りすぎるのは良くありません。正直いうとそんな暇もありません。

聞くことが8割だと思ってください。相手の顔をしっかり見て、頷くだけでも違います。相槌や質問も重要です。天気の話、服や髪型を褒めてあげるなどです。そんな長くなくても良いのです。少し声をかけてあげるだけで違います。

そのとき、必ず声は少し大きめに、低めにゆっくり話してください。お年寄りは耳が遠い方が多いです。高い声は聞き取りにくいと言われています。

3:笑顔で明るくいよう

3:笑顔で明るくいよう
単純ですが、これはとても有効な、相手の心を開く手段です。まず自分から明るくあること。なるべく現場では笑いましょう。ムッとしている顔の人のところには、利用者さんも寄ってこないです。大切なひとに接するような気持ちでトライしてみてくださいね。

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。