【介護職パート】子持ち主婦の私が何度も転職に失敗し学んだ事

転職活動は1週間の人もいれば、何年も転職活動を続けている人もいます。転職活動期間の長い人は「何社も落ちているのか?」「何年もかかるってどんな人なんだろう?」比較的面接を受けたところは採用される私は、転職活動期間が長い人の理由等、たいして考えた事がありませんでした。

しかし、期間が長い人ほど慎重に選び、成功に結びついていると思います。私も転職を何度か経験しておりますが、失敗もあります。

私の失敗経験

私の失敗経験
私の場合、転職活動期間が長くなると焦り始め、自分の希望条件を見失ってくるからです。最初は今よりも給料が良いところ今よりも家から近い今よりも…と現在の会社よりも、より良い条件で求人を探します。

今よりも良い給料のところは沢山あります。次にその中で今よりも自宅に近い求人もいくつか出てきます。しかし、休みがシフト制で旦那との休みが合わない…、そしてまた別の求人を探し始めます。

常に出ている求人は万年人手不足のブラック企業の可能性があるし、悪い噂がある企業も受けたくない。新規オープンの施設は人間関係に問題はないけれど、残業が多そう。そんな事を考えているうちに該当する求人はなくなります。

結局、何かを諦め応募します。残業は仕方ないか…、と思い応募し採用された事がありますが保育園の迎えがあるから失礼しますと毎日上がる事は心苦しいし、遅くまで働き帰宅し、家事に育児となると、自分の首を絞める事になりました。

このままだと自分が倒れてしまう、そう思いまた転職活動を始める。これが私の失敗例です。

失敗から学んだこと

失敗から学んだこと
本当に自分の条件に合う求人を焦らず探し続ける、面接の時に自分の希望条件をはっきりと述べる、それで不採用であれば、縁がなかった。そう焦らず活動するべきだと学びました。

何年も転職活動を続けている人は採用されないのではなく、自分の条件を妥協せずに待っている人もいるという事に気付き、転職活動は期間の長さは関係ないと思いました。

良い求人がなく焦っている人、転職活動期間が長くなりイライラしている人はより良い求人に出会える様、焦らず活動を続け、自分にあった職場をみつけてほしいです。

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です