子持ち主婦でもできる「短時間の介護パート」4選!

今まで主婦をしてきて、子供が手を離れたので働こうと思っている人、出産を終えて子供が保育園に入る事が出来て、短時間からのパートを探している人

もいると思います。また、しばらく社会に出て働いていなかった人は、まずはパートから始めたいと思っている人も多いと思います。そんな、短時間から出来る介護の仕事を今回はご紹介したいと思います。

訪問介護の登録ヘルパー


まずは、「訪問介護事業所の登録ヘルパー」です。登録ヘルパーは自分の好きな時間に好きなだけ働く事が出来、自分の生活スタイルに合わせて働く事が出来ます。

最初の同行は、事業所のサービス提供責任者と一緒に行いますが、慣れてくると一人で訪問に行かなくてはいけません。仕事内容は身体介護と生活支援があります。

デイサービスの送迎業務


次に、「デイサービスの送迎業務」です。運転に慣れている人、大型免許を持っている人に向いている職種です。朝8時頃から2時間くらい、夕方16時頃から2時間くらい利用者の送迎車の運転業務を行います。介護職員も同乗するので、車の昇降介助は対応してくれるでしょう。

入浴介助パート


次に「入浴介助パート」です。これは、人数の多い施設や病院、デイサービスで求人を出しているところが多いです。入浴介助は、ほぼ毎日あり職員数も取られる為、専門のパートを雇いその分、フロアの職員に余裕を作れるという目的で募集しています。入浴介助が好きな人、体力に自信のある人に向いています。

介護事務パート


次に、私が以前行っていた介護事務パートです。これは施設の事務所において、電話対応、来客対応、物品発注管理、介護請求事務等行っていましたが、各施設において、求められる事は違ってくると思います。通院や外出の付き添いや、認知症の方の見守りをお願いされる事もあります。

ざっと考えてみても、こんなに短時間のパートの仕事があります。これらの仕事も介護職として経験年数に入れてもらえるので(事業所によっては事務、運転のみだと駄目なところもある)、介護福祉士を目指す時に必要な実務経験にカウントされます。短時間から介護職に挑戦してみてはいかがでしょうか。

希望の時間帯など、この記事の方法で、プロに相談しながらパートを探してみよう♪

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。