夜勤専門パートの「初日の流れ」とは?気をつける事も

夜勤専門は、睡眠時間を削って夜に働くという特殊な仕事です。ですが、職員が少ないため、人間関係で悩むことがありません。

また、日中の介護施設とは違い、静かな環境で仕事ができるため、落ち着いて働けるでしょう。

今回は、夜勤専門の仕事が気になる方へ、初日の流れについてお伝えしたいと思います。

出勤時間

出勤時間は、17時~19時の間

まず出勤時間は、17時~19時の間になります。慣れないうちは日中に外出をすると疲れるため、無理をしないことが大切です。

夜勤勤務は、夜勤専門以外の日中スタッフも順番で入ります。ただ、夜勤者の配置は1フロア1人なので、一緒に仕事をすることはないでしょう。

出勤後に先輩職員の紹介を受けた後、引き継ぎ業務が行われます。この時間は忙しいため、見学や詳細の説明は落ち着いてから行われることがほとんどです。

引き継ぎが終わった後、先輩職員から次に行う業務説明を受け同行をします。

引き継ぎが終わると、職員が激減してしまうため、勝手なことをすると事故のもとになります。先輩の指示にだけ従うようにしましょう。

夕食の配膳、下膳、掃除

夕食の配膳、下膳、掃除
18時になると夕食の配膳、下膳、掃除を行います。まだ利用者の名前が分からないため、先輩に顔と名前を確認して配るようにしましょう。

未経験者は、初日から食事介護を行いませんが、経験者であれば食事介護を行う可能性は高いと思って下さい。

歯磨き介護

歯磨き介護

夕食後、歯磨き介護をして利用者が就寝します。義歯の洗浄やパジャマの着替えを行う可能性があるため、未経験者は着脱介護の留意点を予習しておくといいでしょう。

おむつ交換

19時半頃になるとおむつ交換が行われます。夜勤時は人手が不足しているため、先輩と一緒に行うことが多いでしょう。利用者の個々の特性や留意事項など、大切なことは時間のある時にメモしておくと仕事が早く順応できます。

眠前薬の与薬介護

21時頃になると眠前薬の与薬介護があります。体に影響する大事な薬もあるため、誰が飲むのかもしっかりメモをして把握しておきましょう。

利用者も仕事もひと段落

利用者も仕事もひと段落
眠前薬の与薬が終わると、利用者も仕事もひと段落して落ち着きます。後はナースコールの対応と巡視がメインです。この時に業務の説明があるため不明点を確認しておくと良いでしょう。

利用者によっては尿量が多いことから一度おむつ交換をすることもあります。こういった利用者ごとの対応も忘れないように覚えることが大切です。

朝のおむつ交換

朝のおむつ交換

翌朝5時になると朝のおむつ交換が始まります。高齢者は早起きの方が多いため、この時間に起きる方も多いでしょう。あまり大きな音を出すと利用者が目覚めてしまうため注意して下さい。

起床介護や洗面介護

6時を過ぎると起床介護や洗面介護が始まります。初日はほとんど見学ですが、次回から独り立ちする場合は、介護を行う必要があります。できることは自分で行い、アドバイスを得ておくことがおすすめです。

8時になると、利用者の朝食が始まります。

この時間になると早番もいるため、分からないことは進んで確認するようにしましょう。

日勤者に引き継ぎ業務

日勤者に引き継ぎ業務

朝食後、日勤者に引き継ぎ業務を行い夜勤業務が終了となります。

まとめ

まとめ
未経験者なら2~3回の指導で独り立ちをします。夜勤専任は一人で行うことから、責任も大きい仕事です。早く仕事を覚えて問題なく行えるようにがんばって下さい。

この記事を書いた人

はな
はな
専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

はな

専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。