夜勤専門の介護士として働く場合のメリット、デメリットとは?

夜勤専門の介護士ってどうなの?

介護施設は利用者が入所をして日常生活を送っているため、病院のように交代制の勤務で働いています。病院は日勤、夜勤、準夜勤がありますが介護の仕事は早番、遅番、日勤、夜勤があります。

介護施設によっては家庭の事情などで夜勤ができない職員もいるため、夜勤者が不足している施設もあります。そのため、夜勤専門の職員を配置している介護施設もあります。

勤務日数は?

勤務日数は?
夜勤専門職員の平均勤務日数は月に10日~15日位になります。勤務頻度については2日~3日に一度の頻度で勤務をする方もいれば、3日位連続勤務をして休んでいる方もいます。

メリットは?

メリットは?
夜勤専門のメリットは、日中の勤務に比べて周りの職員に気を使うことが少ないため、ある程度自分のペースで仕事ができることだと思います。

夜勤職員は1フロアに一人の配置が一般的なので、日中の勤務とは異なり一人で仕事をすることがほとんどです。そのため、仕事をきちんとこなしてさえいれば、適度に休みながら仕事をすることができます。また、夜間帯はほとんどの利用者が睡眠しているため、静かな環境で仕事をすることができます。

落ち着いた環境で自分のペースで仕事ができる夜勤専門は、精神的な負担を少なくして働ける仕事だと思います。

デメリットは?

デメリットは?
夜勤のデメリットは夜間勤務のことから風邪などの体調不良になりやすいことです。特に気温差のある日や冬場は風邪をひきやすいため、衣服の体調管理等が大切になります。

また家庭を持っている方の場合、夜間勤務のことから家事等で睡眠不足になる可能性もあります。帰宅後に十分な睡眠を取るためにも家族に家事や家のことなどを協力してもらう必要があります。

夜勤経験があれば・・

夜勤経験があれば・・
夜勤専門は介護職の夜勤経験のある方であれば、類似した仕事内容のため短期間で順応することができると思います。日中の勤務に比べると人間関係のストレスも大分なくなるので、精神的に安定した状態で仕事ができます。興味のある方はお試しにアルバイトから始めていただくことをおすすめします。

時間がなくて、夜勤専門のお仕事を探せない場合は、希望条件を伝えればプロが探してくれる転職コーディネーターがおすすめです♪

この記事を書いた人

はな
はな
専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

はな

専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。