介護職を目指すワーママと資格

 子供もそろそろ大きくなってきたし仕事したいなぁ・・、でもそんな都合の良い仕事ってないよね・・

そんな現実にぶつかった方は少なくありません。就職活動をする時に、ハローワークや派遣会社でも「資格を取ってみてはどうでしょうか?」と勧められます。子をもつ女性に勧められる資格は「医療事務と介護の初任者研修資格」が多いと思います。私はどちらの資格も持っていますが、就職に有利な資格は圧倒的に介護職員初任者研修だと考えます。

医療事務はまず、未経験での就職は資格があっても厳しいです。求人は大体欠員か新規オープンの病院で、「すぐにでも即戦力になる人材」を求めています。職員育成というよりは、すでに完成されている人が淡々と仕事を熟すイメージです。

しかし、介護職員は全国的に人材が足りない為、国を挙げて職員育成に力を入れています。国を挙げてとは大げさに聞こえるかもしれませんが、介護報酬の中に「介護職員処遇改善加算」というものがあり、利用者に請求、それが介護職員処遇改善交付金として、介護職員の低賃金を改善しようというものが数年前に確立しました。

また、介護職員実務者研修の費用を助成する自治体や、介護の専門学校の費用を助成する自治体等、地域によって変わりますが、介護の資格取得に助成金を出す自治体が多くあります。

家庭がある主婦が資格を取ろうとした時、なるべくお金がかからない様にしたい気持ちは皆同じだと思います。

初任者研修取得で自分に合った求人を


実際、介護職員初任者研修の講座は「30代~50代の女性が多い」です。そして、ハローワーク等を通じて、助成金の事を知り、給付されている人も沢山います。専門学校の費用を助成してくれる自治体にお住まいで助成を受ける事が出来れば、「専門学校卒業、介護福祉士取得」も夢じゃありません。

介護の仕事は低賃金だろうし、変則勤務で夜勤もあって大変そう・・

そう思っている方も資格を取る事によって、自分に合った求人に応募する事が出来ると思います。時給の良いところ、デイサービスの様に定時が決まっており、日祝日は休みの事業所、沢山あると思います。ワーキングマザーを目指す人にはお勧めの資格です。

資料請求のシカトルだと介護職員初任者研修講座が最安で探せるんだぁ・・

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。