介護職の夜勤専門パートとは?【月に数回で高収入!?】

介護職に夜勤はつきものです。デイサービス等は夜勤がありませんが、デイサービスでも、併設している高齢者住宅の当直(夜勤)をする事業所も増えてきています。

夜勤は子供が小さい、親の世話をしている人など、家族がいる人であれば出来ない人もいます。夜勤が出来ない人の為に「夜勤専門パート」を雇用しているところもあります。ここでは、夜勤専門の仕事について述べていきます。

私も夜勤専門パートをした事があります。夜勤専門パートは事業所により異なりますが、大体は夜21時頃から朝9時頃までです。休憩、仮眠時間もあり、給与は1夜勤につき1万円前後です。募集も特別養護老人ホームから高齢者住宅まで沢山あります。シフトも、自分の都合の良い回数から月に定期的に夜勤をこなす契約等あります。

私が以前勤めていた所では


私が以前勤めていたところは、入居者20名程の高齢者住宅です。夜勤専門パートが多い時で6人おり、夜勤は全てこの6人でまわしていました。開設して1年ほどの施設で、日中の職員は主婦が多く夜勤が出来ない人ばかりで、夜勤専門パートを雇う事にしたそうです。

夜勤は一人、ワンオペです。自立している人が多く、巡回とコール対応が主な仕事でした。夜勤回数は月に3~4回しか入っていなかったので、夜勤に来る度に会社の事や入居者の事で変化があり、情報を把握する事が大変でした。

ダブルワークの人が多い!?


私は昼間の仕事もしていたので、「ダブルワーク」でした。6人のうち、5人は同じようにダブルワークでした。最初の何回か夜勤を指導して頂く時についた、夜勤専門パートの方が教えてくれました。その方もグループホームとのダブルワークで、両方で夜勤に入っており、合わせて月8回くらい夜勤をしているそうです!

夜勤専門の職員は勿論の事、他の職員とも接する機会は申し送りの時くらいで、「人間関係が苦手な人には良いな」と感じました。仕事内容は楽でしたが、人の命を預かる仕事なので、「一人夜勤に不安がある、急変時の対応に不安がある人は向いていない」かもしれません。

今仕事を探しているが、「良い求人が見つからない、ダブルワークを考えている人」は、夜勤専門パートを経験してみてはいかがでしょうか?夜に強い人、体力のある人にはお勧めの仕事だと思います。

夜勤専門パートなら介護パートの職場探しを活用して探せる♪

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。