介護職の副業におススメな「夜勤専門パートとは?」

低賃金で資格がないとパート扱いだし、副業したいなぁ・・

と考えている人もいると思います。そこで、今回は、私がしていた介護職の副業で、おすすめのものをご紹介したいと思います。

私が選んだのは夜勤専門パート


私が介護職の副業として働いた仕事は「夜勤専門パート」です。その当時私は日勤しかない仕事をしていました。給料も安い為、何か出来る事はないか…と考え、パートで働いていた私は、もう一つ仕事をしてダブルワークをしようと考えました。

しかし、コンビニの様に決まった曜日、時間では後に体に負担が来る事を考え、無理だと思いました。月に何回か出来る副業、と求人を探していた時、夜勤専門パートの募集をみました。以前知り合いも「夜勤専門の仕事をした事がある」と聞いた事があり、興味はありました。

住宅型有料老人ホームの夜勤専門パート


募集していた事業所は住宅型有料老人ホームで、定期巡回型訪問介護事業所の夜勤でした。定期巡回型訪問介護事業所はオペレーターを置く必要があり、オペレーターが出来る人は有資格者等です。

私は「介護福祉士」を持っているので、該当します。そして、小さな事業所の為、夜勤が出来る職員が少なく、介護福祉士を持った人も少ない状態で求人を出していたそうです。夜勤のほとんどは夜勤パートが行っていました。1回の夜勤で13,000円でした。

月1回からでも良いと所長さんからのお言葉を頂き、働く事になりました。時間帯は夜21時~朝8時までで、昼間の仕事が翌日休みの日にシフトを入れました。昼間の仕事を終え、夕食を済ませ、夜勤の仕事へ向かいます。

20名程入居している住居を一人で対応します。21時、0時、3時の巡回とモーニングケア、都度のナースコールと関連の高齢者住宅に入居し、定期巡回型訪問介護を利用している方からのコール対応が主な仕事です。

オムツ交換や衣類の着脱介助等身体介護を必要とする人も少なく、80名の特養で働いた経験のある私からはとても楽に感じました。ただ、ワンオペなので、何かあった時の対応に不安のある方には重荷だと思います。

逆にワンオペだからこそ、空いた時間は自分の好きな様に使えます。私は挑戦したい資格があり、その勉強に時間を費やしていました。自宅よりもとても勉強が捗りました。多い時で月4回夜勤のパートを入れていました。4回入れて52,000円ですから、結構良いお金になりますよ。

パートは希望時間をはっきり伝える事が大切!自分の都合の良い時間帯を転職コーディネーターに伝えて探してもらおう♪

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。