介護パートで【実務経験】を積み『勉強時間も確保』して介護福祉士を目指そう!

介護福祉士の資格は国家資格です。受験は専門学校や大卒等学歴の条件はありません。受験資格として実務経験3年と介護職員実務者研修を修了する事が条件となります。

試験の申し込みが8月頃から、試験日は1月末です。試験前日までのみなし申し込みも出来ますが、余裕を持って試験申し込みまでに実務経験と実務者研修を終えておくと良いでしょう。

実務経験日数は従業日数1095日(筆記試験の前日まで)有給、病欠、産休等を含む日数。従事期間540日(実際に勤務した日数)となっております。

短時間のパートでも同じ1日とカウント

短時間のパートでも同じ1日とカウント
一日8時間のフルタイムでも、1日1時間のパートでも同じ1日とカウントされるそうです。パートで働いている人には嬉しいですね。実務者研修の研修時間は無資格だと450時間、ヘルパー2級、初任者研修受講者は320時間の研修が必要です。

勉強のスタイル

働く時間を少し短縮してもらう

働く時間を少し短縮してもらう
自宅学習と通学を組み合わせての受講が人気のようです。しかし、フルタイムで働いて自宅勉強、通学となるととても大変だと思います。

無資格の方だと研修期間が6か月かかるそうです。パートで働いている人も家庭を持っていたりと、フルタイムで働く事が出来ない事情があるので、勉強の時間を取る事が大変だと思います。

しかし、パートこそが時間の融通を利いてもらえるのではないでしょうか?働く時間を少し短縮してもらい、その分勉強に充てることが出来れば実務経験日数も減る事はなく、勉強も出来ると思います。

フルタイムで働く時間を減らして欲しいなんて申し出たら「パートとして働いたら?」と言われますよね。

自宅だと集中できない場合

自宅だと集中できない場合
自宅学習は子供がいて集中出来ないなんて事もあるかと思います。1時間でも職場で場所を借りて勉強、帰りにカフェに立ち寄って勉強も良いと思います。

職場での勉強はわからない事は、先輩や上司に聞く事が出来、職場にある介護関係の本で調べる事も可能です。

医療でわからない事は看護師さんに聞く事も出来るでしょう。カフェに立ち寄って勉強も、子育て中の方は遠い場所になっていると思います。久々のカフェでモチベーションも上がりますし、ほど良い緊張感が持て集中出来ると思います。

パートだからこそ出来る介護福祉士の勉強法を見つけ、合格を是非目指して下さいね。

関連記事:資格についての記事一覧

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。