パートから介護福祉士を目指す場合の流れと取得のアドバイス

私も最初はパートから始めました。それから介護福祉士をとり、今はケアマネです。まず介護福祉士を目指すためには、従業期間(勤続年数)3年以上かつ従事日数540日以上が必要です。これには資格はいりません。

訪問介護をやらずに施設で働くならば、介護初任者研修を受けてなくても構いません。施設はその点だけ見れば、始めやすいと言えるかもしれませんね。

勤続年数は合計で3年でOK

勤続年数は合計で3年でOK
1ヶ所で3年勤めようとするのも、もちろん良いです。ですが、最初はまず1年間と思って勤めるのが良いかもしれません。会社が変わっても、勤続年数が合計で3年あれば大丈夫なのです。

社会人経験のある方ならわかるはずですが、職場というのは色々な性格の方がいます。人間関係で、相性の合う合わないもあります。私は自分の体を壊してまで働く必要はないと思っています。ましてやパートで子育てをしながらならば、自分が働きやすい職場を見つけるまで探すべきです。幸い、介護は売り手市場です。

ただし、その市場でも3ヶ月ごとに職場を変えたなら、次の会社に履歴書を送っても採用されにくくなります。ですから、同じ会社での我慢は最低1年。もし続けられそうだったらそこで3年続けてみましょう。そうすれば新たに介護福祉士という扉が見えてきます。

実務者研修について

実務者研修について
次に、実務者研修。これが2017年より必須になりました。450時間の受講時間ですが、通学しなければならないのは45時間なので頑張りましょう。あとは通信でも大丈夫です。これは自宅学習になります。介護未経験者でも受けられるので「一刻も早く介護福祉士になりたい!」と決めている方は、先に受けておくのもひとつの手です。

実技試験は免除

実技試験は免除
そして今は(実務者研修が代わりになる為か?)実技試験が免除になりますので、筆記試験を受けて合格すれば晴れてあなたは介護福祉士です。筆記試験は、私はユーキャンの本をアマゾンで買い、それを何度もやりました。(自分のペースでやれると思ったので)私の周囲ではユーキャンの通信講座を受けているひとが多いです。

ユーキャンのまわし者ではありませんよ。筆記試験の受験料も馬鹿にならないので、確実に受かりたいと思うなら、通信講座が安心だと思います。合格すると登録しなければ資格として使えませんので、それは忘れずに!

講座に関しては複数ありますので、比較してみるといいでしょう。その場合簡単なのが、一括資料請求のシカトルです。資料を取り寄せ講座の内容や費用を比較してみましょう。

まき

40代前半で介護福祉士、ケアマネの仕事をしています。10年のキャリアを生かし知識や経験を共有できたら幸いです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。