『妊娠前、妊娠中』の介護職での働き方とは?

新婚女性は将来妊娠や育児、子育てをしながら働いていくため生活環境に合った働き方をおすすめします。

正社員として働けば、介護職は産休や育休制度が充実しているため長く仕事を続けることができます。

私が働いていた職場でも、妊娠後は当たり前のように産休を取っていました。

ですが、介護職は立ち仕事であるため、いくら身体介護をしなくても妊娠中の仕事は大変です。

妊娠後、辞め易い派遣社員

妊娠後、辞め易い派遣社員
そのため、体力的に自信のない方などは、妊娠後に辞めやすいように派遣社員として働くこともおすすめです。

派遣社員であれば残業や会議、飲み会の参加に強制力がないため家庭に専念することができます。

また、多少仕事が合わなくても契約期間内で働いているため割り切って仕事をすることができるでしょう。

それぞれの家庭の事情もありますが、個人的には妊娠をしたら退職した方がいいと思います。

流産のリスクがある

流産のリスクがある
妊娠中の立ち仕事は本当に大変ですし私の周りでも2人流産している方がいます

介護職は、出産してからでも子どもに手が掛からなくなってからでも、いつでも復帰することができます

せめて妊娠中は働かない方が体のためです。

確かに出産後の正社員は子どもをあずけられないと厳しいですが、正社員で働く事情がなければ、派遣社員やパートで妊娠するまで働くことがおすすめです。

働く方もたくさんいる

働く方もたくさんいる
ですが、正社員で就職をして産休を取って子育てをしながら働く方もたくさんいます。子育てにはお金がかかるので、出産手当や給料、ボーナスのある正社員はやはり魅力です。

また、育休後は家庭環境にも考慮して夜勤のない日勤帯で働くこともできます。

妊娠中にがんばれば、正社員で子育てしやすい環境を手にすることができるのです。

ですが、人によっては体調が合わないことがあるため。くれぐれも無理をしないことが大切です。

新婚女性へおすすめする働き方は派遣社員ですが、金銭面で待遇の良い正社員もおすすめです。

どちらにするかはあなたの生活環境と照らし合わせて考えて下さい。

派遣のお仕事探しは、より安心して探せるように転職コーディネーターの方と相談しながら探すのが理想的です。おすすめは、⇒ スマイルSUPPORT介護

この記事を書いた人

はな
はな
専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

はな

専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です