「パート介護」の賢い求人の探し方【子持ち主婦必見!】

パート介護の求人は新聞の広告から求人誌までと幅広く掲載してありますが、その数の多さに迷ってしまうことがあるかと思います。広告、求人誌以外にもハローワークを利用する方や派遣会社に登録して求人先を紹介してもらうのも特徴です。

また、友達や知り合いが介護関係の仕事をしていて直接紹介をされて就職する方もいます。

福祉、介護専門の求人機関


例えば、私のいる群馬県では、介護職員向けの求人を取り扱っているハローワークのような機関があります。そこでは100件以上も掲載されている介護求人を閲覧することができます。

お住まいの県の社会福祉協議会等を調べていただくと福祉、介護専門の求人機関があるかもしれないため、一度確認していただくことをおすすめします。

もしお住まいの県でそういった介護専門の求人機関がある場合は、求人の規模が一番大きいため、求人探しが大変有利になります。該当する場合はぜひ福祉、介護専門の求人機関を利用することをおすすめします。

ハローワークや派遣会社の魅力


私が働いていた介護施設のパート職員は、ハローワーク経由で応募をした方や、派遣会社に登録をして働いている方が多くを占めていました。派遣会社に登録をして派遣社員として働く場合、求人探しのサポートはもちろん、就職後も定期的に派遣会社の方が面会へ来て相談を受けてくれるため、仕事の相談相手が必要な方へは便利であると思います。

ハローワークで介護求人を探す場合も、求人案内が具体的に掲載されているため、面接を行う前の段階でより具体的な質問をすることができます。そのため希望の求人先を探せる可能性が高まります。

見学やボランティアの活用


その他にも気になる福祉施設へ直接問い合わせを行い求人の確認をすることも可能です。

福祉施設の場合は一般の見学やボランティアを随時受け付けているところが多いため、もし気になる施設がある場合や求人応募前に施設内の様子を見てみたい方は、一度施設見学へ行ってみるといいと思います。

施設見学やボランティアへ参加した後に縁があり、面接の声がかかることもあります。

また、福祉施設がもともと求人を出している際は、見学やボランティアの体験が応募をする際の自分のアピールポイントにもなります。

このようにパート介護は色んな求人の探し方があるため、自分に合った方法で探していただくといいと思います。

あまり求人を見る時間が無い場合は介護専門転職コーディネーターに希望を伝え、自分の代わりに探してもらおう♪

この記事を書いた人

はな
はな
専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

はな

専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。