介護職ってパートでも賞与があるの?

 「介護職として働いている人」「パートの中でも夫の扶養の範囲内で働きたいから自らの希望でパートをしている人」「介護福祉士等の資格がなく、仕方なくパートとして働いている人」

がいると思います。扶養の範囲内の人は、上限を超えてしまうと扶養から外れてしまうので、稼ぐ範囲が決まっています。仕方なくパートとして働いている人は「今より給料の良いところはないかな」「あそこの会社は介護福祉士がなくても正社員で、ボーナスがでる」等、より好条件の求人を探していると思います。

介護福祉士がなくても賞与が出る!?


介護福祉士の資格がなくても賞与が出るところも探せばあると思います。介護職員処遇改善加算という言葉を聞いた事がありますか?これは、国が介護報酬額を決めるにあたり、介護職員の処遇を改善する事業所には加算をしますよ、というものです。

事業所がある一定の条件を満たしていると、介護報酬に加算され事業所に入ってきます。この要件は2015年4月より改正され「キャリアパス要件」と「職場環境等要件」を満たせば、最大介護職員一人当たり月27,000円相当が事業所に入ってきます。(要件の満たしている基準によって金額は変わります)

この二つの要件は沢山ありますが、例えば非正規雇用の職員を正職員にする、子育て支援の充実、育児休暇取得、それぞれの仕事内容、役職によってそれに応じた給与が決まっている等です。

そして、その介護職員処遇改善加算を事業所によっては、月の給与に加算したり、何か月かに1度処遇改善手当として職員に支払う事業所もあります。

私が勤めていた事業所の「処遇改善手当」


私が以前勤めていた事業所は4か月に1回処遇改善手当が全介護職員に交付され、12,000円×4回を年3回もらっていました。1年にすると144,000円ですので、ちょっとしたボーナスです。とはいえ、介護職の給与は一般企業に比べて低賃金であり、人手不足です。

来たる2025年、団塊の世代が高齢者を迎える時に向けて、国として介護職員の育成、確保に努めているので、今後パートでも賞与や手当が充実する事業所も増えてくるでしょう。

また、正社員として雇うところも増えてくるでしょう。求人欄に「処遇改善手当あり」と記載されているところもあるので、チェックしてみて下さい。

介護求人数が最大級!カイゴジョブで求人を探してみる

この記事を書いた人

かよピー
かよピー
7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

かよピー

7年ほど介護職経験があります。出産を機に退社後、パートでも介護職経験があり、「介護職のパートを考える子育てママ」に向けた情報を発信中です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です