パートの同僚と給料が違う!給料に差があると知った時に読んで欲しいこと

介護職で働くパートの皆さん、同僚と本当に同じ給料、同じ待遇で統一されていますか?

実は、介護パートで同じ職場で働いていても、時給が違うことがあるのです。

募集された時期、採用担当者の変更などによって、同じ職場であっても時給が異なっている場合があります。

この記事は、介護パートで同僚と時給が違うことを知って「モヤモヤ」した時や、「ショック」を受けた時に読んで頂きたい記事です。

介護パート、時給50円の差でも仕事へのやる気は左右される

介護パート、時給50円の差でも仕事へのやる気は左右される
介護パートの田中さんは、2カ月先に入職していた同じ介護パートの山下さんの時給を知ってしまいました。

なんと田中さんは時給900円、山下さんは950円です!

全く同じ時間帯、同じ仕事量、同じ仕事内容なのに時給50円の違い!

田中さんは「たかが50円の違いじゃないか」と考えるようにして、気にしないように努力しますが、仕事が忙しくなってくるとつい「自分の方が安い給料で働いている」という思いがよぎって、仕事へのやる気が出ないと言います。

時給50円の違いで、1日7時間労働として350円の違い。1カ月20日勤務として7000円の違い1年間で84,000円の違いになります。

田中さんの落ち込む気持ちも良くわかりますね。

同僚に比べて時給が安い、ということは純粋にお金だけの問題ではなく、介護パートとしての能力を低く見られていると感じ、仕事へのやる気が損なわれてしまいますね。

介護パートの時給に差がある驚きの理由

介護パートの時給に差がある驚きの理由
介護パートの時給に差がある驚きの理由をお教えしましょう。

介護施設、訪問介護の現場は、著しい人員不足で困っていた時期は時給を高めに設定して、介護パートを募集し、ある程度人員が揃っている時は、既定の時給に戻すことが多いのです。

言い換えれば、介護パートは時給を高めに設定しないと求職者が集まりにくい、ということです。介護職のパートはそれだけ売り手市場ということなのです。

介護施設やデイサービス、訪問介護で小規模な所は、経営者や所長が独断で給料を設定できるため、介護パートごとに時給が違うということも起こります。

介護パートは売り手市場!給料高めの職場に転職可能

介護パートは売り手市場!給料高めの職場に転職可能
同僚と時給の差があることを知ってしまい、モヤモヤしている介護パートの田中さんはどうすればいいのでしょうか。「仕方がない」、と諦めるべきでしょうか

モヤモヤを解決する答えはズバリ転職です。介護パートが自分の仕事に見合う、平等な時給で働ける場所を探しましょう

人員不足を50円の時給アップで解決しようとする職場、経営者の独断でコロコロ時給が変わる職場は健全といえるでしょうか。

介護パートの人数が揃っている時は時給を50円下げるようなやり方は、介護パート間でトラブルが起こります。

介護パートの時給は、経験と能力を適切に評価して決定してもらいたいですよね。

まとめ

まとめ
同僚と時給が違うことを知って、モヤモヤしている介護パートの方。少額の差でも、年間で計算すると大変な額の違いになります。

介護パートは売り手市場です、時給違いによる不平等に我慢する必要はありません。

「時給高め、働きやすい、通いやすい介護パート」を探してみませんか?ぜひ理想の職場と出会っていただきたいと思います。

関連記事:後悔しない!介護パートの職場探しはこの方法


みか

介護職は6年以上の経験があります。医療の知識もありますので、専門的な内容も含め「分かり易く読み易く」を心掛けお伝えしていければと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です