【介護パート】人手不足の職場を辞め難い方へ

パート職員であったとしても、最近辞めた人がいるなどで、「立て続けに辞めると迷惑がかかってしまう」「もう少し我慢して働こう」と思い、辞める事を先延ばしにしている方も多いと思います。

しかし、その「もう少し」が1年、2年と続き、辞めるタイミングを失ってしまいがちです。そして、気になっていた求人を逃がしてしまうなんて事になります。

もし、自分に合う求人を見つけた、知人に話を頂き、とても条件が良い等の場合、現在の職場を気にせず進むべきだと思います。

退職の為に準備すること

退職の為に準備すること

準備として、まずは面接や相手方の企業に話を聞きに行ってみましょう。そして感触が良ければ、現在の職場が人手不足で、今すぐには辞める事が出来ないが、どうしても転職したい事を相談しましょう。

急募の企業でなければ「最低○月から来てほしい」と期限を決めてくれると思います。そうする事で、少し時間が出来ます。

採用の連絡を貰ったら

採用の連絡を貰ったら

採用の連絡があったら、次に現在の職場に退職の意向を伝えなくてはいけません。

この時、退職理由をきちんと告げましょう。そして、次の職場は○月から働く予定だと正直に告げて下さい。

そうする事で、現在の職場も求人をかけ、人を採用するまでの時間が持てます。

万が一、引き留められたら

万が一、引き留められたら

万が一「人手がないから困る」等、引き留められた場合、「退職まで時間があるので求人をかけ、人を採用する時間はありますよ」という事をハッキリと述べて良いです。

企業もそれは分かった上で、「人が足りない」という事は、引き留める為の上等文句にしか過ぎません。

介護業界は万年人手不足です。あなたの事業所だけではありません。「今まで働いてきた恩があるから…」と情のある人はいつまでも転職出来ないと思います。

自分のステップアップの為、より働きやすい職場に勤めたいのであれば、情を考えず、まずは行動してみましょう。

余裕を持って何か月か前に退職の意向を伝えることで、人材を採用するまでの時間を与えてあげる事ができます

そして引き留められた時には、同じように「人を採用する時間があるのだから、私の代わりを探して下さい!」と伝えましょう。

辞めたいと考えている人は、迷わず行動してみましょう。

関連記事:後悔しない!介護パートの職場探しはこの方法

この記事を書いた人

はな
はな
専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

はな

専門学校卒業後、20歳から介護福祉士として介護施設で5年以上勤務。その後介護専門学校の専任教員、旧ホームヘルパーの講師経験をし現在に至る。介護教員資格、介護職員実務者研修講師の資格を所有。特に介護未経験者へのアドバイスを得意とする。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です